ヘグル

原料からの和紙作りで、仕上がりの質や表情に大きく影響する「ヘグル」という工程があります。原料の表面を包丁等で削り落とす作業です。

こちらがヘグル前の原料。

P1160428

 

白い部分、緑の部分、黒い(茶色)い皮があります。もちろん、ヘグらずにすべて紙に漉くこともできます。この削り具合で紙質を調整します。

P1160433

 

こちらは白い部分以外ほとんどヘグった原料。

P1160435

 

こちらは緑の部分を比較的多く残してヘグった原料。

P1160438

 

ヘグる方法は地域や原料によっていろいろありますが、かみこやではこのように包丁で台に押さえてやるやり方が主です。こちらは高知高専の学生さんがワークショップに訪れた時の様子です。

P1160286

 

目的に応じて、もう少し細かい原料をヘグルときもあります。

P1160236

P1160239

 

機械化のできない、和紙作りの大切な手作業です。

 

 

 

   

お問合せ・Q&A

お問い合わせはメールフォーム、またはお電話よりお承りしております。