いの町紙の博物館 開館30周年記念連続講演会

去る9月2日、ロギールが高知に来た当初からお世話になっているいの町紙の博物館の開館30周年記念連続講演会にて、講師として呼んで頂きました。

P1160938

日本三大和紙産地の一つである土佐和紙には現役やOBの偉大な先輩方がたくさんいらっしゃいます。その中でロギールが講師としてお招き頂いたのはとても恐れ多いことではありましたが、外国から来たロギールだからこそ感じることのできる「土佐和紙の魅力」を精一杯お伝えさせて頂きました。

 

P1160930

おかげさまで定員いっぱいのお客様にお越し頂き、ロギールは自分をゆうに超える経験を持つ方々の存在を感じつつ(笑)、約80分ほどの講演を無事終えることができました。

手漉き和紙は産業としてはとても厳しい状況にありますが、ロギールの考える今の時代に必要とされる和紙の魅力について皆様と共有できておれば幸いです。

 

 

お問合せ・Q&A

お問い合わせはメールフォーム、またはお電話よりお承りしております。