襖と障子を新築のお宅に使って頂きました。

ロギールの手漉き紙を障子と襖に使って頂いた、高知市内の新築の家が完成しました。

 

襖はコットン、楮、三椏を使ったオリジナルの手漉き紙です。コットンはオーガニックコットンタオルの生産過程で出る端切れを使っています。

写真の写りで違う色に見えますが、全て同じような色です。長めに残した繊維と三椏で淡く表情がある紙になっています。

 

床の間の隣の襖はふちのない坊主襖となっており、すっきりした雰囲気です。

 

障子の和紙は、原料に自家栽培の楮を使った伝統的な製法の土佐和紙です。

 

光を透かした障子の雰囲気は格別ですね。

 

設計は土佐派の家ネットワークスの山本長水建築設計事務所、建築は沖野建築です。

土佐派の家ネットワークス http://tosaha.com/
沖野建築 http://okino.justhpbs.jp/

材、瓦、土壁、建具、畳など、土佐の職人の仕事が集結した本当に素晴らしい家です。ロギールの紙もこちらに使って頂き大変光栄です。

 

お問合せ・Q&A

お問い合わせはメールフォーム、またはお電話よりお承りしております。