コロンビアからのワークショップのお客様 Guest from Colombia for workshop

*English below.

今年の夏、コロンビアからワークショップのお客様がいらっしゃいました。ファビオさんです。

 

ファビオさんは木凹版の作品を作られていて、こちらは見せて頂いたテストプリントです。

fabio test print

 

この版画をさらに深いものにするために、作品に使う紙を自分で漉けるようになるのを目的にいらっしゃいました。

手漉き和紙を一通り体験した後、蔓の皮を使った紙作りにも取り組みました。

 

コロンビアでは楮を手に入れるのが難しいからです。

 

伝統的な手漉き和紙の技術を応用して蔓の紙を漉くことができました。

 

まさに地球の反対側からワークショップに来て頂いてとても光栄なことでした。コロンビアのいろいろな話も聞かせてもらい、とても楽しい時間でした。

 

同行していたファビオさんの息子さんダビッドさんが描いたスケッチです。

 

This summer we had a workshop guest from Colombia. His name is Mr. Fabio and he is making engraving printings. The picture of the printing is his test prints. He took our workshop to be able to make paper by his self to make his print work much deeper. At first he made traditional Japanese paper. But Kozo: Japanese paper material fiber, is difficult to get in Colombia so we also did paper making with bark of vine which can be found in Colombia. Traditional method of Japanese paper making can be apply to other kind of handmade paper making.

It was a big honor for us to have guests all the way from the other side of the earth. We had a fun time with them talking about our different culture and society. The sketch is drawn by Mr. David, the son of Mr. Fabio.

 

お問合せ・Q&A

お問い合わせはメールフォーム、またはお電話よりお承りしております。