銀座・まるごと高知の壁紙

ENGLISH AT THE BOTTOM

銀座にある高知県のアンテナショップ「まるごと高知」にて、ロギールの作品を使って頂いています。まるごと高知のレストラン「TOSA DINING おきゃく」の個室の壁紙です。

tosa dining おきゃく

四万十川源流域の沢に自生するシダを漉き込んだ和紙や、高知県出身の植物学者、牧野富太郎博士が命名した植物「シハイスミレ」「ハナカガシ」などを漉き込んだ和紙の壁紙です。

植物の漉きこみ以外にも、原料の違いや落水技法などでいろいろ変化をつけています。

ドアの紙は柿渋を塗ったインパクトのあるものになっています。

まるごと高知にお越しの際には、ぜひ壁紙にも目を向けてもらい、より高知を感じて頂けましたら幸いです!

The Kochi prefecture’s PR shop in Ginza “Marugot Kochi” is now using Rogier’s paper in their restaurant. We used local leaves embedded in the paper. Some of the leaves are the plants, named by Makino Tomitaro who was the famous botanist of Kochi and the father of botanical science in Japan. We also used several local fibers and natural materials to make texture. We hope that you, surrounded by these images, can feel the the depth of the culture and nature of Kochi.

お問合せ・Q&A

お問い合わせはメールフォーム、またはお電話よりお承りしております。