壁紙制作 Making wall paper

ENGLISH BELOW

9月に入り少し暑さも和らぎ、紙作りがのしやすい季節にだんだんとなってきまして、注文を頂いておる壁紙の制作を始めています。

今回は1m×2m、1m×3mの漉き枠を使って流し込みの製法で漉きます。流し込みは、漉き枠に柄杓などで原料を流す漉き方です。

漉き枠

このように大きなサイズの流し込みの場合は、紙の暑さを均一にするために、まず漉き枠の水平を確認することから始まります。

パルプの準備も慎重に行います。原料やネリの濃度が仕上がった紙の表情に影響します。

流し込み
ちりを取る

チリや原料のかたまりなど、紙のイメージに合わないものは一つずつピンセットで取ります。

流し込み

紙が厚くなり、紙の表面側に近づくほど慎重な作業となります。ここで紙の上に道具などを落としてしまうと大変です。。。

手漉き和紙

漉きあがりです。この時点では濡れていますので、干しあがった際にはまた違った表情となります。無事納品され、みなさまにご覧頂けることを楽しみにしています!

In September the climate is getting cooler and it is time to make paper! We started making wall paper with pulp pouring method using 1m*2m and 1m*3m screens. The first step of sheet forming is to have the screen lay horizontally to make an even sheet. Preparing pulp is also an important step because it determines the sheet’s texture depending on density of fiber and neri. While sheet forming we pick out the debris or impurities or anything what we don’t want in the paper. We are getting more and more concentrated as the sheets are beeing made, thr sheets become thicker and will finnish with the upper surface layer. I don’t want to imaging that I drop my pouring cup or drop a water-drop on the sheet. We do not want to make “rakusuishi” water-drop design paper this time. We could make it beautifully and we are looking forward to see it after it is dry and when it will be finally on the wall.

お問合せ・Q&A

お問い合わせはメールフォーム、またはお電話よりお承りしております。