手すき紙のカトラリーレスト Handmade paper cutlery rest

English at the bottom

伊豆に新しくオープンしたレストラン「ミクニ伊豆高原」のために、手すき紙のカトラリーレストを制作させて頂きました。

ミクニ伊豆高原は、料理人の三國清三氏と建築家の隈研吾氏がプロデュースした地産地消の地中海料理が楽しめるレストランです。https://mikuni-izukogen.jp/

紙のカトラリーレスト

隈事務所と打ち合わせを重ね、原料の外側の黒い部分や長く残した繊維、土などを使った存在感のある作品になりました。

紙のナプキンホルダー

個性の強い手すき紙が、洗練されたテーブルにお洒落になじんでいる写真を見て、少し不思議な、そしてとても嬉しい気持ちになりました!かみこやスタッフはまだレストランには行けていないのですが、機会を作ってぜひ行きたいと思います。

2017年に開催された隈研吾氏との共同展示会の様子はこちらのブログでご覧頂けます。「和紙の洞窟@LIXILギャラリー2017

We made handmade paper cutlery rests and napkin rings for the new restaurant Mikuni Izu Kogen. https://mikuni-izukogen.jp/ This restaurant is produced by chef Kunihiro Mikuni and designed by architect Kengo Kuma. You can enjoy Mediterranean cuisine with local ingredient. For this order of Kuma Kengo office, we used, included outer black skin of fiber of different kinds plants and long fibers to make the items stronger and have a more distinct texture. We are very happy to see our paper items beeing used in such a sophisticated table setting and restaurant.

Here is another blog about an exhibition held in 2017 which Kuma and Rogier collaborated. Paper cave @ LIXIL gallery 2017

お問合せ・Q&A

お問い合わせはメールフォーム、またはお電話よりお承りしております。