和紙作りと自然:日光 Washi production and Nature: Sunshine

English at the bottom

このブログシリーズについて
伝統手漉き和紙からのメッセージ

日光も紙漉きには欠かすことのできない自然の要素です。手漉き和紙での日光の役割として一番初めに思い浮かぶのが漉いた紙を板に張り付けて干している光景ではないでしょうか?

板干し board dry
板干し Board dry

長い時間強い日を当てると紙が板からはがれることがありますので、状態を見極めながら干します。紙が温かくなったらだいたい干しあがりです。

それから蒸し剥ぎの直後やヘグル作業の後にも原料を干します。

蒸し剥ぎした楮を干す
木から剥いだ原料を干しているところ。 Drying the fiber bark just after peeled off from the tree.

剥いだ直後の黒皮が残った状態の原料はカビが生えやすいので、すばやくしっかりと乾かすのが重要です。天気が良いと2日ほどで乾いてしまうのですが、天気が悪い日が続くと何日も管理しないといけないので手間が全然違います。

へぐった楮を干す
へぐって干している楮。Kozo beeing dried after scraped off the outer black bark.

へぐった後も濡れたままが続くとやはり原料が傷みますので、できるだけ素早く乾かして、保存します。

伝統的な和紙作りに特徴的な日光の利用方法として、天日漂白があります。濡れたセルロースに日光が当たると、白くなります。紙の繊維だけでなくても、日に長い時間さらされているものは色があせて白っぽくなりますよね。一番この役割が発揮されるのは、消石灰で煮た原料を流水に晒す工程です。

晒す 天日漂白 sun bleach
天日漂白 Sun bleach

天日漂白にかける時間は原料の質、目的の紙の種類、日光の強さなどで変わります。逆に紙を白くしたくないときは、晒し場に蓋をしたり屋内で晒したりして、日に当てないようにします。白い紙を作りたいときは、晴れの日を狙って作業をします。

屋内で晒す Inside pool
屋内で晒す Inside pool

板干しの際にも紙は漂白されます。湿った紙に強い日差しが当たるとあっという間に紙は乾いて、同時に白くなります。白い紙が効率よく作れる高知県の日差しの強さは、土佐和紙が発展した理由の一つかもしれません!

板干し board dry
板干し board dry

あと、当たり前と言えば当たり前なのですが、太陽の明るさも紙漉きに役立つポイントです。チリトリの際や紙を漉いているときには、繊維の中から細かいゴミなどを見つけるために良い明るさが必要です。そのためこの二つの作業場所は窓に向かって作られている工房が多いです。

窓に向かった漉き舟
窓に向かって設置された漉き舟 Sheet forming place heading to the window.

もちろん電気の照明も使いますが、明るさが足りなかったり、照明と自分の位置で水面が反射したりとなかなか微妙で、やはり一番良いのは窓から取り入れた外の明るさです。直射日光は避けたいので、一番いい光は部屋の北側の窓からの明かりだと思います。

窓に向かってちり取りをする Picking out the debris heading to the window.

About this blog series
The message from traditional Japanese paper

Sunlight is also a natural element of paper making. The first thing that comes to mind as the role of sunlight when making handmade washi is the scene where the sheet is put onto a wooden board to dry outside in the sun. The board will be exposed to sunlight for a certain amount of time depending on how strong the sun shine is. When the sheet is warm, it is ready to peel off.

Next, it is important to dry the peeled off bark quickly, firmly, in the winter sun immediately after stripping. Because it is easy to grow mold especially when there is still black outer bark present. If the weather is good, it will dry in about two days, but if the weather is bad, raining or snowing, it will take for many days, and maybe we should use a fan.

Also after scraping off the outer bark, the material will spoil easily when wet. The so-called “white bark” has to be dried quickly too. We dry them as quickly as possible so we can store them safely for many years.

Sunshine-bleaching is another way to use sunlight: the old-way to bleach paper fiber. This is one of the features of traditional washi making. When the wet cellulose are exposed to the sunlight they become more white. The bleaching time depends on the quality of the bark, the desired whiteness of the paper, and how strong the sunshine is. When you don’t want to make the paper too white, the bleaching area needs to be covered or has to indoors.

The paper is also bleached during the drying process. When the sheets are pasted on the boards they are still wet. On a fine day the sun dries the sheets fairly fast and the sheets will be bleached again. Strong sunlight in Kochi Prefecture may be one of the reasons that Kochi could become one of the main paper centers in Japan, the second largest at present day. Even in the winter time the sun is quite strong.

The brightness of the sun is also a must when picking out the impurities and actual sheet forming. The work place is set up facing the window. Of course we use electric lighting too, but sometimes the brightness is not enough, or the reflection of the water cause trouble. The best light quality is probably the light coming from the north side of the workshop.

お問合せ・Q&A

お問い合わせはメールフォーム、またはお電話よりお承りしております。