居心地の良い空間を演出する光と形

伝統手漉き和紙を、漆で仕上げた藤葛のフレームに貼ったペンダント・ランプシェードです。手漉き和紙作家ロギールが40年かけて洗練させた、人と自然の美しい関係を表現する作品です。繊維が透けて見える和紙、”妥協”で生まれる蔓の形、奥深い漆の色、そして和紙を通した温かい光が、お部屋を落ち着いた気持ちの良い空間にします。

サイズ:直径約40cm、重さ約300g
※1点物のため、一つ一つ違いがあります。

答えは伝統にあった

漆塗りで完成した”和紙のランプシェード”

このシェードに一つだけあった「フレームに後年虫食いが入る可能性がある」という問題は、高知市に唯一残る漆工房「美禄堂」池田泰一さんとの出会い、理想の形で解決しました。池田さんは漆工芸で「土佐の匠」に認定され、「現代の名工」を受賞した卓越した技術の持ち主です。和紙の魅力を100%以上に演出する解決策は、やはり伝統にありました。

簡単に取付ができます。

天井のシーリングにコード付きソケットを差し込み、シェードを紐で釣るだけ。必要なものはすべて同封しています。下の画像のように横に金具がついているシーリングの場合、もしくはシーリング横の天井にフックを刺せる場合は、すぐに取付ができます。

設置環境が違う場合

「そもそも天井にシーリングが無い」「もっと長いコードにしたい」「シーリングの形状が違う」等、設置環境が違う場合はお気軽にお問合せ下さい。

ご購入について

価格:275,000円(税込)+送料3,000円(税込)

同封物:シェード本体・釣り紐・・コード付きソケット(ひっかけシーリング用・長さ1m)・釣り紐用フック・LED電球

購入方法:お問合せフォームよりご注文をお願いします。

お支払い方法:銀行振り込み、クレジットカード(PayPal)

在庫:4個(2020年1月時点)

※一つ一つ形が違う1点物です。個別の作品についてはお問合せ下さい。

隈研吾様のロギールの作品への評価

このページで紹介してる漆で仕上げたランプシェードは新作なので、まだどちらにも使われていないのですが、建築家・隈研吾様には1994年の「雲の上のホテル」で照明と平面作品をご注文頂いて以来、様々な形でお仕事をさせて頂いております。

その隈様の著書の中で、以下のような評価を頂いています。

木の枝やつるに和紙をはりつけたロギールの手作りのスタンドも、今まで僕が使ったこともないやわらかな曲線が出て、気に入った。

隈研吾 (2020)ひとの住処1964-2020 新潮新書

お問合せ下さい

この作品のご購入やお問合せにつきまして、お気軽に下記の問い合わせフォームよりご連絡ください。

特定商取引法に関する表記

お問合せ・Q&A

お問い合わせはメールフォームよりお承りしております。