実演ワークショップ トップ画像のコピー

実演ワークショップは伝統手漉き和紙を学習したいグループのためコースです。畑の原料から紙になるまでの一連の流れを、ロギールの講義と実演を中心に学びます。すべての工程を少しずつ参加者の皆様にも体験して頂きます。

内容

伝統手漉き和紙について学習をしたいグループのための学習型ワークショッププランです。一人一人が実際に作業をする時間は本格ワークショップに比べて短くなりますが、実際の作業を体験することで、具体的な学習をすることができます。最終的に小判サイズ5枚程度の紙を漉くことができます。内容ついて特別な希望がある場合もお気軽にご相談下さい。

・和紙について
・畑の見学
・設備の見学
・ちりとり
・叩解
・漉く
・干す

料金

4万円

所要時間

4時間

人数

3名~10名

2名以下の場合は、本格ワークショップをお申込み下さい。10名様以上の場合はご相談ください。

より深く

併せて草花すきこみ作品作りをして頂くことはおすすめです。一人一人の作品をつくることでより学習が深まります。

過去の例

山口県徳地 和紙復活プロジェクト

ロンドンからの学生さん11名