伝統手漉き和紙からのメッセージ

自然に囲まれたかみこや Kamikoya surrounded with nature
自然に囲まれたかみこや

かみこやは四国のほぼ真ん中にあり、気軽には立ち寄れない場所にあります。そこで、私たちが一番大事にしている伝統手漉き和紙が持っている「人と自然の共生」というメッセージをお伝えするブログシリーズを2つ始めたいと思います。

向山庭園 Naito Architect & Associates
練馬区向山庭園

1つ目は「和紙作りと自然」というシリーズです。和紙からのメッセージは、 製造工程を通した自然との深い関わりの中で生まれます。 その自然との関わり、とは具体的にどのようことがあるのかをこのシリーズではご紹介します。

和紙作りと自然:水
和紙作りと自然:日光

2つ目は「和紙作りと技術」というタイトルで、紙作りの工程を「切る」や「叩く」、「火を使う」など日常生活でも行うシンプルな技術として注目し、一本の木を1枚の紙にまで変形させる知恵を紹介します。

和紙作りと技術:刃物
「和紙作りと技術:濾す」

原料栽培については、自然との関わりという点においても、技術という点においてもとても重要ですが、こちらは農業ということでさらに広がりのあるテーマのため、今回のブログシリーズには含めず、カテゴリ「畑」の方に引き続きアップしていく予定です。

楮の新芽 Sprouts of Japanese paper plant
楮の株から新芽が伸びている様子。

ところで、このブログを書いている私はかみこやのロギールの息子、陽平です。

アウテンボーガルト陽平 Yohei Uitenboogaart
これが私、陽平です!

読者の皆様と一緒に手すき紙の世界を楽しく深めていくことができましたら幸いです!

無料のメールマガジンにご登録下さい。

手漉き和紙のこと、それからかみこやで起きる様々なストーリーをお楽しみ下さい。